自宅にいても個人輸入を使って発毛治療ができる

subpage01

男性の約4人に1人が、薄毛に悩んでいると言われています。
髪の毛は、成長期、休止期、退行期という発毛サイクルにそって成長します。植毛やかつらを利用せずに、自分の髪の毛がいつまでも若々しくボリュームのある状態であれば、言うことが無いのですが、遺伝や加齢、健康状態によって薄毛になってしまうことは仕方のないことだと思います。

現在は、発毛治療が確立され、専門クリニックや病院の医療機関で改善できる確率が大幅に上がってきました。

発毛促進の価値ある情報を探してみてください。

治療方法は、抜け毛予防作用のあるプロペシアと発毛作用のあるミノキシジルという薬を毎日飲み続けることで、身体に吸収された成分が、血中に入り全身をめぐることで、頭皮の毛母細胞が活性化します。
毎日、薬を飲み続けるわけですので、当然受診は必要です。


通院始めは1ヵ月ごとの受診となり、状態が落ち着けば、3ヵ月ごとの受診に伸ばすことができますが、遠方の方や他者に知られることを嫌がる方にとっては、年に数回の受診でも億劫に感じられると思います。


そのような方は、自宅に居ながら薬を手に入れる方法もあります。それは、個人輸入を利用することです。



個人輸入と言っても、代行してくれる販売店を通じて購入するため、インターネット販売と大きな変わりはないのが実情です。


しかし、悪質な販売店を選んでしまうと、偽物を購入してしまったりしますので、販売サイトの口コミやレビューを確認することが必要です。個人輸入の薬は、医療機関で処方される薬より安いメリットもあります。