人間ドックの注意すべきポイント

Web Template

人間ドックを受診する場合は、色々と注意しておくべきポイントがありますので、気をつけるようにしましょう。

まず、X線検査を受けることが大半ですので、妊娠している場合、妊娠の可能性がある場合は、必ず事前に申し出るようにします。


また、子供づれで人間ドックを受診することは難しいので、気をつけるようにしましょう。
コンタクトレンズを使用している場合は、必ず保存ケースを持っていくようにしましょう。

コンタクトレンズを外して視力検査が行われますので、保存ケースが必要になるためです。



使い捨てのコンタクトレンズを使用している場合は、交換するものを持っていくようにします。

食事にはとても注意が必要です。



上部消火器X線や内視鏡検査、腹部超音波検査などを受診される場合は、食事を控える必要があります。

これらの検査を午前中に受診する場合は、前日の夜以降は食事を制限されることが多いです。
お酒は前夜であっても控えめにするようにしましょう。
人間ドックによって何時までに食事を済ませたらよいのか、異なってきますので、必ず確認するようにしましょう。
午後に受診する場合は、受付時間の数時間前までに食事を済ませるようにします。

但し、消化の良い軽い食事をしておくようにしましょう。

食べ過ぎたり、油っこいものなどを食べるのは控えた方がよいでしょう。

人間ドッグの情報を手に入れてみませんか?

こちらも、時間は人間ドックによって異なってきますので、確認するようにしましょう。

この食事の制限を守るようにしなければ、結果の数値が正確に測れなくなってしまいますので、必ず守るようにしましょう。